ナカチカ

MC事業部 #90

『目的を果たすには?』

2021.06.21#COLUMN

こんにちは。北(ペー)です。

突然ですが、みなさん飛行機の機内安全ビデオの内容、思い出せますか?

機内安全ビデオというのは、緊急事態が発生した時に酸素マスクをどうつけるとか、どんな姿勢でいなさいとか、飛行機が離陸するときにモニターに流される映像です。(CAさんが映像に合わせてデモンストレーションしてくれるアレ。)
みなさん、あれをはじめから最後までちゃんと見たことありますか?着席するなり本を開くか、寝る体制に入るかで、ビデオをちゃんと見たことない・・少なくとも私と今まで私の近くに座っていた人はそうでした。(胸を張って言うことじゃないですが)
でも改めて考えてみてください。あれ、見た方がいいですよね?「何度も見てるから分かってるよ。」と思ったそこのあなた、万が一の事態が起きた時ちゃんと酸素マスクつけて胸のとこの空気をぷーっと膨らませられますか?私は自信がありません。

「見るべきなのはわかっているけど・・見る気がしない」それが多くの人のホンネだと思います。

でもこれ、見てみてください。先日ANAの国内線で見た機内安全ビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=T0Zkey8LMHU

これなら、(ビデオが始まった時にまだ起きてさえいれば)最後まで見ちゃいませんか?
本物の歌舞伎役者が面白く、そしてわかりやすく、機内の安全について教えてくれます。
コロナ前から制作・放映されていたということで、「歌舞伎」をテーマにしたのは外国人の乗客を意識したものなのでしょうが、日本人でも十分楽しめます。私の前の座席に座っていたご夫婦は最初から最後まで2人で笑ながら見ていました。

興味を持った私は「機内安全ビデオ_面白い」でググってみました。

これはニュージーランド航空の機内安全ビデオ。一見普通のCAさんに見えますがこれ実は裸に制服のボディペイントをしてるんです!!(笑)
見た人を思わず凝視させるというぶっ飛んだアイディアです。英語で何を言っているか分からないのですが、おそらく普通に説明しています。それが実は全員裸なのだからシュールで笑えます。

他にもたくさんあったのですが、挙げたらきりがないのでぜひ皆さんも「機内安全ビデオ_面白い」で検索を。

機内安全ビデオの目的は乗客の安全です。安全のための情報がきちんと伝わらないという課題に対して、どんな対策が考えられるでしょうか。なんとなく「安全」と「笑い」は結び付かないような気がしていたけどそんなことはなくて、「笑い」によって課題は解決されています。人は面白ければ見る、逆につまらなければ見ない、単純にそれだけのことです。

課題に対して固定概念にとらわれず、時には手段を選ばず、どうすれば目的が果たされるのか考えることの大切さ、そして「面白い」ことの威力に改めて気づかされた例でした。