ナカチカ

MC事業部 #72

国境を越えるメッセージ

2021.02.15#COLUMN

今回紹介するのは、日本から遠く離れた欧米スペインでの屋外広告の事例です。

国は違えど、今世界中で多くの影響を与えている新型コロナウイルス。
欧米では、ロックダウンによる飲食店の規制もあり、多くの店舗の経営が悪循環へ陥っています。

こうした状況で新しい広告のキャンペーンを展開したのが、ビール会社のハイネケンです。

休業中のお店のシャッターを広告スペースとして活用する“Shutter Ads”を実施。
広告収入をその店舗へ直接支払うことで、飲食店がこの状況を乗り越えるための支援を行うという仕組みです。

スペインで始まったなんとも粋なこのキャンペーンは、その後アルゼンチンでも展開されています。

シャッターに書かれたメッセージは「今日あなたがこの広告を見てくれたおかげで、このバーの明日が見えてきます」というもの。

広告を掲載するお店はもちろん、実際にこの広告の前を通り過ぎる人々、そしてSNSなどを通じてこの広告を知った多くの人が、ハイネケンのファンになるような、本質的なPRではないでしょうか。

暗いニュースが続く中、このような前向きなメッセージはただの屋外広告の一つとして終わらず、国境を越えるような力を持っているだと感じさせられました。

赤福