ナカチカ

MC事業部 #61

暮らしの中の風景

2020.11.21#COLUMN

こんにちは、米酢です。

最近やたらと一日があっという間に終わっていくように感じています。
一日って油断しているとトーストに塗ったバターのようにスーっと消えてしまいませんか?で、気づけば大体同じような毎日を繰り返している。
そう感じているのって私だけなんでしょうか・・・

そんなことはさておき、今回ここでお話ししたいのは、無意識に暮らしていてもふと目や足を留めてしまう場所についてです。

まずこちらを見てください。
最近通りがかった街でこんな風景に遭遇し、思わず足を留めてしまいました。

これ、大規模な解体工事の風景です。

私は廃墟や重機に興味のある人間ではないのですが、これを見た時に圧倒的な破壊行為が目の前で行われている非日常感に思わず足を留めてしまいました。なんなら一生見返さないとわかっていながら写真まで撮ってしまう始末。

この時、周りには私だけでなく5人くらいの人が足を留めてこの工事の様子を眺めていました。そして、通行する人はもれなく全員眺めながら歩いていました。

この反応を見て思ったのですが、こんなに人が注目するならここに看板や広告を出せば認知を得られると思いませんか?
クオリティは一旦置いておいて、例えばこんなイメージです。

恐らく工事を眺める人の多くは、一旦ナカチカの看板にも目がいくでしょう。
にしても、ものすごく慣例にとらわれない会社感が出ますね(笑)

これは大規模な解体工事なのでちょっとレアなケースかもしれませんが、例えばこんなのも見てもらえるのではないでしょうか。(良い悪いは別として)

エスカレーター点検中の前にジムの広告。エスカレーターに乗れずガッカリした人はおそらく運動不足の方が多いと思うので。

あと、こんなのはどうでしょう。

通行止めのUターンを音楽で盛り上げながら帰れます。というお知らせです。
いや、逆に嫌われそうですね。もっと手前で教えろ!って。

色々と思いつきを羅列しましたが、言いたかったことは、無意識でも目や足を留めてしまう場所って暮らしの中に無数にあって、そこを上手く利用することでちょっと面白い広告や情報が発信できるんじゃないかということでした。

あたり前のことなのですが、改めて実感したことので備忘録のためにも共有させていただきました!