ナカチカ

MC事業部 #60

スキャンダラス!?な新製品発表

2020.11.14#COLUMN

こんにちはハルです。最近めっきり寒くなりましたね。

さて今日は、私が最近面白いと思った新製品発売時のプロモーション施策をご紹介します。
そのプロモーションというのがこちら!

炭酸飲料のペプシコーラ新製品(新味)発売前日の、ペプシ公式Twitterのツイートです。
私はペプシのアカウントはフォローしていませんので、自分のタイムラインでこのツイートを目にしたわけではありません。
このツイートに関する、あるツイートをタイムラインで目にして間接的に知ることとなりました。その実際に目にしたツイートがこちら。

このツイートについていた画像はこれです。

公式アカウントのツイートでは黒塗りで出されていたペプシの画像ですが、このツイート主によって、新味の正体が暴かれ、晒されています!!!
ペプシ新味の正体を暴いたしたツイート主は「宣伝ガバガバ」と言っていますが、リプライでも多く意見されているように、これって絶対ペプシの作戦だよね…と私は思いました。なんなら、この「ガバガバ」呼ばわりしたツイート主はペプシの内部の人なんじゃないの!?とさえ思ってしまう。。。

ここで注目したいのは、公式アカウントと正体暴きツイートとの“いいね”および“リツイート”数の差です。正体暴きツイート、どちらも“万”を軽く超えてますよね。いわゆるバズり状態。だからこそペプシのアカウントをフォローしていない私のタイムラインにも表れました。

この一連の流れ(ツイートして→暴かれて→バズる)を確実に遂行するために、人間の心理、技術の進歩、Twitterの特性を総合的によく考えてるんだな~と感じます。

まず「人間の心理」。そもそも公式のツイートを素直に受け取るなら『カリギュラ効果』ってやつを狙ってますよね。ダメと言われるとやりたくなる、見るなと言われると見たくなる、弦の恩返し的な心理です。意志や行動の自由を奪われて強いストレスを感じ、反射的に反発してしまうものなんだそうです。黒塗りで隠されたペプシ新味。反射的に「見たい」という気持ちが働くというもの。記者発表は済んでいたようなので、調べれば恐らく新味は分かる状態でした。でも、みんな暇じゃありませんから、、わざわざ調べたりして「見よう」とはしないと思います。
ですが!!!一人はいますよね。好奇心のままに「見よう」と頑張る猛者が。(私は好きですそういう人)

そして次に「技術の進歩」。好奇心のままに突き進む猛者に味方するのが、iPhoneです。今のiPhoneはすごいです。デバイス上の写真の露出も彩度も何もかもいじることができます。しかもみんな結構日常的に写真加工してるのでそれも当たり前にやっちゃえる。
こうして!!!ペプシ新味の正体は暴かれました。

最後に「Twitterの特性」。ペプシの正体を暴いた好奇心猛者は「宣伝ガバガバやんけ」という言葉と共に、未発表のはずのペプシ新味の正体を暴露ツイートします。Twitterって匿名性が高くて気軽で、とってもこの手のある種スキャンダルが拡散しやすいSNSですよね。「新製品発売」という題目から、「ペプシ、やらかしてる!!!」という題目にすり替わり、拡散されてます
でも結果どうでしょう、題目はすり替わっても新味を知ることになっちゃってますよね。「は!?キャラメルパンチって何??!」って、一度は考えちゃってます。

このように色んなことを想像して、狙って、仕組まれたストーリーって面白い!でも、もしかしたら私の想像通り、「ガバガバ」呼ばわりしたツイート主もペプシの内部の人間かも。でもそれはそれでもよく考えられています。大企業が発表する商品の新製品(新味)より、一般庶民が暴いた大企業の“やらかし”の方が興味をそそられます。

ちなみに、キャラメルパンチペプシ飲みましたが、、うーん。。。
気になる方は飲んでみてください!ではまた!