ナカチカ

MC事業部 #34

『“配慮”と“積極性”』

2020.05.12#COLUMN

こんにちは。北(ペー)です。
自粛生活が続き、もともとニート体質の私もさすがに引きこもりに辟易してきた今日この頃です。
自粛前はほとんど料理をしなかったのですが、今では9割以上自炊です。
よく「外食は飽きる」と言いますが不思議なもので、「手作り料理も飽きる」んですね・・・。

無性にジャンクフードが食べたくなった私はマックのアプリを開いたのでした。


クーポンページを開くとトップに上記の2枚のクーポンが表れます。

以前はなかったですよね??あってもトップにはなかったはずです。“Stay Home”の今はやはり家族消費が多いんだろうな~と思い、気になってマックの売り上げ状況を調べてみました。

日本マクドナルドホールディングス(2019年12月期売上高:2817億円)が発表した4月度の既存店売上高は、前年同月比6.5%増、客数18.9%減、客単価31.4%増となった。
だそうです・・・。まさかの昨年同月比で伸びていました。マックは比較的テイクアウトも多いので、他の飲食店よりはコロナの影響は少ないだろうとは思いましたが、まさか伸びているとは。
客単価が30%以上も上がっています。やはり家族での消費が著しく伸びているのでしょう。

そもそもマックには店内飲食以外に店頭販売、ドライブスルー、宅配、モバイルオーダーなど様々な販売方法があり、いずれも使う側にとってストレスが少ないに細心の配慮があるように感じます。それらのサービスを当たり前に享受していますが、実はすごくユーザビリティが高いと思いませんか
マックのアプリは飲食系アプリの中では圧倒的なダウンロード数を誇っているし、そのアプリを使ってモバイルオーダーができるのです。

製品やプロモーションが優秀なのは言うまでもないですが、そういった心配りや積極的な販売姿勢が、今のような非常事態に「勝ち組」になれた理由なのかなと思いました。そしてそれは戦略とも言えるのだと思います。

最後に・・
コロナ禍におけるアイディア溢れるプロモーションがしばしば話題になりますが、マクドナルドのブラジル法人ではフェイスブックにこんなロゴをアップしたんだとか。

今は顧客との間に一定の距離が生まれた状況だが、両者は「いつでも一緒にいられる」ことをこの画像で表しているそうです。

他にもスターバックスやコカ・コーラ、アウディなど名だたる企業がソーシャルディスタンスをロゴで表しているようです。面白いのでぜひ調べてみてください。