ナカチカ

MC事業部 #10

あいに行きたくなる あいちゃく

2019.12.06#COLUMN

初めまして、そのまえ と申します。

先日、とうとうお迎えしたんです

そう・・・アザラシ!

もちろん、本物ではありません。

とってもリアルな顔とボディが、たまらず購入してしまった次第です。リアルでありながら手触りはもちもち!カワイイ

このぬいぐるみは、大阪の水族館、海遊館に実際にいるアザラシのユキちゃんをモデルにしたものであまりにその姿が「丸すぎる!」とSNSで話題になったアザラシ。

私も実際このアザラシの名前は、何度か海遊館に行っていたにも関わらず、SNSではじめて知り「こんな子がいるんだ~」と思いました。

水族館とか動物園とかにはよくその動物たちの写真や名前が書いてあるけど動物園を出るころには忘れちゃう…なんてこと、結構あったりして。だから次に同じ動物園や水族館に行くとしても「みんなでぶらつこう~」とか「久々に行ってみるか」なんていう動機が多かったり…。お目当ての子がいるから〜なんてことは珍しいほう。

しかしいま、私はモーレツに海遊館に行きたい。ただし理由は、この「ユキちゃん」に会いたいから。

家に届いてから日々この「ユキちゃん」のぬいぐるみを見つめていると「名前なんだっけ…そうそうユキちゃん」なんて名前を反芻することもしばしば。とうとう覚えました。それから海遊館のSNSでも「ユキちゃんの写真かな~?」なんていう気持ちをもってSNSをのぞき込むことも多くなりました。

単純に名前を知って覚えることで愛着が、湧いたんだなぁって思います。だからこそこの子がいるうちに海遊館に行っておきたいという気持ちが強くなりました。

名前をつけることで愛着が湧くというのは、よくある話で自分の持ち物なんかにも名前とか愛称つけちゃうことがあると思います。愛着が湧くと大事にしたくなる。近くに行きたくなる。

海遊館はもともとそのうち行こう~と思っていたのですが、それが今は、ユキちゃんが元気なうちに!なんなら半年以内に行こう!までに縮まりました。(※ただし大阪は遠い( ;∀;))

愛着を持つことで「会いたい!」と思い、やがて「会いに行こう!」と足が動く!

ぬいぐるみを手に入れてグッと愛着が湧いたのですが、これはきっと日々SNSなんかでちょっとずつ見かけることで積みあがっていくものでもあるかもしれないなぁ、と名物店員とか…看板猫とか…。
親しみを持ってもらうこと、知ってもらうこと場所やお店へ行きたくなるキッカケとして大切だなと思いながら今日もユキちゃんのぬいぐるみを見つめています。

海遊館公式Twitter→ https://twitter.com/osaka_kaiyukan

そのまえ