ナカチカ株式会社

INTERVIEW

プレッシャーが大きいほど、仕事は楽しい。

高橋 幸徳YUKINORI TAKAHASHI

第一営業部
部長

PROFILE

2002年入社。入社来、トヨタ系カーディーラーのセールスプロモーションに従事。第一営業部のリーダーとして部のマネジメント、セールスプランナーとしてクライアントを担当する。また参謀として中長期的な全社の方針・営業戦略の立案する役割も担い、既存業界の維持発展と新業界開拓を推進している。

高橋さんの主な仕事内容を教えてください。

私は第一営業部のリーダーとして部の目標達成マネジメント、セールスプランナーとしてトヨタ系カーディーラーのクライアントを担当しています。当社のミッションは、『日本を商売繁盛の国にする』です。それを実現するためには、“クライアントの課題を解決する・成果に貢献する”という考え方を軸に熱量高く行動することが大切です。営業という役割は時に自らの利益を優先しがちですが、何よりもクライアントの成果につながっているのかを考え行動する、その後に自分たちの利益がついてくるんだということを、自分もメンバーも強く意識しています。

働いていて、嬉しい瞬間はどんなときですか?

相手のココロに火をつけられた時、それが成果に結びついた時ですね。

仕事は「自分以外の誰かの役に立つ事」。それは決して相手に言われたことをこなす事ではなく、達成したい目標に対して、時に、今までと同じ考え方でいいのか、新しい概念ややり方が必要なんじゃないかとアンチテーゼが必要な局面もあります。そういった議論の過程を経て「よし、この方向でいきましょう!成功させましょうね!」と相手のココロに火をつけられた時は、共通の目標を目指す、ビジネスパートナーとしての実感を得られます。そこからは、正直プレッシャーに感じている事の方がはるかに多いです(笑)成功させなきゃいけないですからね。でも、そのプレッシャーが大きければ大きいほど、成果が出たときや貢献できた時の喜びはひとしおですし、この仕事をしていて面白い、良かったとやりがいを感じる瞬間ですね。

今ではリーダー職についていらっしゃる高橋さんですが、入社したてのころはどんな新入社員だったんですか?

失敗は失敗。大事なのはそれを反省で終わらせず、そこから何を学び、次にどう活かすのかを考える事。

営業になりたてのころは考えが浅くて失敗をする事が多かったです。そういう失敗を重ねて、事の重大さが身に沁みるわけです。例えば、クライアントの営業スタッフが使用する営業ツールを請け負った場合、私達の仕事はツールを納品すれば終了のように思われますが、クライアントにとっても、私達にとってもそこからがスタートなんです。こちらがミスをして納品を遅らせてしまったりすると、その分アプローチ期間が短くなり、活動の量が減ってしまう、最終的には目指す成果が得られなくなる事につながってしまいます。それは、私達が目指す「クライアントの成果に貢献する」という事と逆の事をしてしまっているわけです。失敗を通して、その重大さが腹落ちしてからは、細かいところまで気を配り、様々なリスクも考えるようになりました。それでも失敗はありますが、責任の取り方として反省だけで終わらせず、同じ失敗を繰り返さないために何をそこから学び次に活かすのか、という事を考えメンバーで共有します。それは、クライアントに迷惑をかけない事はもちろん、自分や会社を成長させてくれる事にもつながります。

就活生にメッセージをお願いします!

感謝よりも“感動”される面白い仕事を一緒にやりましょう!

言われたことに答えるだけだと、社会ではあまり評価されません。答えるよりも“期待に応える”仕事が感謝される事につながります。でももっと仕事を面白くするには、“期待を超える”事。それは感謝を超えて、“感動”を生む仕事になります。仕事をやるからには、クライアントや消費者のココロとカラダを動かす、感動させるそんな仕事をしてみませんか。まずは意気込みだけでOKです!やってみないとわかりませんから。失敗したって恥をかいたっていいんです。目指すところが一緒であれば。感動される仕事を通じて、クライアントの課題解決や成果に貢献する。ここに共感してくれる方、私たちと一緒にぜひやりましょう!

INTERVIEW