ナカチカ株式会社

INTERVIEW

自分にしかできない仕事が一番のモチベーション

水野 崇史TAKASHI MIZUNO

営業本部 / セールスマネージャー
経営本部 ZERO to ONEチーム / セールスプランナー

PROFILE

2005年入社。入社来、首都圏のカーディーラー開拓や家電メーカーのセールスプロモーションに従事。現在は『ZERO to ONEプロジェクト』の立ち上げメンバーとして持ち前の明るい笑顔と相手に対して全力を尽くすスタイルで取り組んでいる。

水野さんの主な仕事内容を教えてください。

私は主に、カーディーラー、家電メーカーなどのクライアントの営業プランナーをしております。クライアントは、どうしたらお客様を獲得できるかということに一番悩まれているので、その課題を聞き、一緒に解決策を考え、実施、検証していくというのが、当社の主な営業の仕事です。たとえば、カーディーラーのクライアントが新店舗をオープンするとなったら、日にちの告知方法や、オープン日にたくさんのお客様が足を運んでくださるようなイベントやキャンペーンを企画したり、当日の運営の仕切りなど幅広い形でお手伝いします。

働いていて、嬉しい瞬間はどんな時ですか?

ゼロから生み出す自分にしかできない仕事が
一番のモチベーションにつながります。

新店舗オープンやリニューアルオープンをする時って、商売を行う上でビッグチャンスなんですよね。そういった責任ある仕事を、プロジェクトの立ち上げから、全て終了するまで自分が中心となって関わり、最後までやりきった時はやっぱり嬉しいですね。仕事が発生するタイミングっていろいろあって、内容がすでに決まっているイベントの運営だけを任される場合もあるし、“どうしたらいいかわからないからお願いします”っていうところから依頼される場合もありますし、そもそもクライアントが気づいてない課題が、突然話し合いの中から見つかって案件が生まれることもあります。私としては、その関われる段階がゼロに近ければ近いほど、燃えるんです!最近では、千葉県山武市のカーディーラーでの新店舗オープンのイベントがありました。ディーラーさんって、その地域に根付いてらっしゃるので、地域のみなさんに貢献したいという思いが強いんです。だから、「地域活性化」をコンセプトに、特産品のイチゴを使ったワッフルや、焼豚を使った焼豚麺などのメニューをキッチンカーで提供しました。やっぱり立ち上げから関わることができると、自分がやった、自分だからできたんだって思えて大きな達成感に包まれますし、また明日から頑張ろうと思う原動力になりますね。

水野さんが伝えたい、ナカチカの魅力は何ですか?

一緒に仕事をしたいと思える人が集まる、
ナカチカはツイてる会社です!

本社の立地!(本社は中央区人形町にあります!)っていうのは冗談で…(笑)。すごく個人的な見解になっちゃいますけど、一緒に仕事をしたいと思える仲間が多いことですね。いろんなアイデアを出し合ったときに、目指すベクトルがズレないんです。仕事を進める中で意見が分かれることはもちろんありますけど、その根底にある軸は一緒なんです。そういう仲間に囲まれているので仕事をしていて気持ちいいんですよ。営業職なので、つねに数字と向き合ってますけど、それも心地よくてこの仲間で前人未到の数字を作ろう!って心から思えるんです。そういう“人”が自然と集まっている会社なので、自分はツイてるなって思います。っていうか、きっとナカチカがツイてる会社なんですね!

就活生にメッセージをお願いします!

“失敗=人生の終わり”じゃない。
学生よ、前向きであれ!

失敗から学べる人、失敗を前向きに捉えられる人であってほしいですね。最近、若いメンバーを見ていると、“失敗=人生の終わり”みたいな顔になっちゃうんですよ。そんなに落ち込まなくてもいいじゃん!って思います。私も昔、ここでは言えないくらいの大きな損失を出したことがありますけど、その時も追い込まれたことはなかったですからね。学生の皆様に伝えたいのは、とにかく失敗を恐れないでほしいということですね。ちなみに、うちの会社は必ず上司が一緒に謝ってくれますから安心です(笑)!

INTERVIEW