ナカチカ株式会社

INTERVIEW

プレッシャーが大きいほど、仕事は楽しい。

高橋 幸徳YUKINORI TAKAHASHI

営業本部
チーフマネージャー

PROFILE

2002年入社。入社来、トヨタ系カーディーラーのセールスプロモーションに従事。現在はチーム運営のマネージャー業務に加え、社長の参謀として全社の方針、戦略を一緒に考える役割を担いながら、カーディーラーを軸とした新規事業を推進している。

高橋さんの主な仕事内容を教えてください。

私は営業プランナー兼マネージャーという役割で、主にカーディーラーさんのクライアントを担当しています。社内においてはチームメンバーの育成や、プランニングのフォロー、営業のナレッジ共有会などを主催しています。当社の企業理念は、『商売繁盛のお手伝い』です。それを実現するためには、“クライアントの成果に貢献する”という考え方を軸に行動することが大切です。営業という役割は、どうしても自社の利益を優先して考えがちですが、何よりもクライアントの成果を考え行動する、その後に自分たちの利益がついてくるんだということを、自分もメンバーにも意識させています。

働いていて、嬉しい瞬間はどんなときですか?

仕事は嬉しい事や楽しい事よりも、憂鬱な事や
プレッシャーに感じる事の方が多いです。

やはり、クライアントの成果に貢献できた!お客様(消費者)が喜んでくれた!と感じられた時ですね。例えば、担当しているカーディーラーさんで、成約台数と来場客数の目標がとても高いイベントがあり、クライアントはもちろん私自身もかなりプレッシャーでした。ファミリー層をターゲットにしたイベントでしたので、どうしたら小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまでの幅広い層にお越し頂き、お楽しみ頂けるかという事や、お客様に届く・伝わる告知媒体、ツールや内容は何かという事をクライアントと一緒に考え、形にしました。当日、かなりドキドキしながら手伝いに行ったのですが、フタを開けてみたら駐車場に入りきらないくらいのお客様が来て下さりました。お越し頂いたお客様が家族みんなで楽しんでいただいている光景を目の当たりにでき、そしてクライアントの掲げていた目標も達成できて、すごく嬉しかったですね。正直、仕事は楽しい事や嬉しい事よりも、憂鬱な事やプレッシャーに感じている事の方がはるかに多いです。でも、それが多ければ多いほど、大きければ大きいほど、クライアントの成果に貢献できた時の喜びは大きいですし、この仕事をしていて楽しい、良かったと思える嬉しい瞬間ですね。

今ではマネージャー職についていらっしゃる高橋さんですが、
入社したてのころはどんな新入社員だったんですか?

失敗は失敗。大事なのはそれを反省で終わらせず、そこから何を学び、次にどう活かすのかを考える事。

営業になりたてのころは、よく失敗もしていました。ドラマにあるような土下座の謝罪を2回程したこともあります(笑)。もう十数年も前のことですけどね。若い時は、考えが浅くて失敗をする事が多かったです。でも、そういう失敗を重ねて、事の重大さが身に沁みるわけです。例えば、クライアントの営業さんが使う営業ツールを請け負った場合、私達の仕事はツールを納品すれば終了のように思われますが、クライアントにとっても、私達にとってもそこからがスタートなんです。こちらがミスをして納品を遅らせてしまったりすると、その分クライアントが消費者にアプローチできる期間が短くなり、活動量が減ってしまう、最終的には目指す成果が得られなくなる事につながってしまいます。それは、私達が目指す「クライアントの成果に貢献する」という事と逆の事をしてしまっているわけです。失敗を通して、その重大さが腹落ちしてからは、細かいところまで気を配り、様々なリスクを考えるようになりました。それでも失敗はありますが、責任の取り方として反省だけで終わらせず、二度と同じ失敗を繰り返さないために何をそこから学び次に活かすのか、という事を考えチームで共有します。それは、クライアントに迷惑をかけない事はもちろん、自分や会社を成長させてくれる事にもつながります。ひいてはそれが、クライアントの成果に貢献するという事にもつながるものと思います。

就活生にメッセージをお願いします!

“やりたい事”がなくても大丈夫。
これからナカチカで見つけて下さい。

今、やりたい事や、夢はありますか? 明確に言える学生の方は、素直にすごいなぁと思います。私が皆さん位の頃は、模索中ではありましたがはっきりとしたものがなく、ナカチカ株式会社に入社した動機も、求人広告に書いてあった“服飾”という言葉に惹かれて、ファッションショーとかができるのかな、なんかかっこ良さそう、という理由だけでした。入社してみたら、服飾は服飾でも、イメージしていたような若者のファッション業界ではなく呉服業界だったんですよね(笑)。実際の仕事って、結構イメージと違うという事が多いかもしれません。でも、「自分の本当にやりたい事って何なのか。」という事を考えながら、とにかく目の前の仕事を一生懸命やってみる。私の場合、イメージと違った呉服業界でしたが、クライアントに怒られながらも自分で考え全力でぶつかりました。その事で、新米だった私にも、商売とは何か、営業とは何か、仕事のやりがいとは何かなど、今の自分の礎になるような事をたくさん教えて頂き、勉強させてもらえました。その中で自分のやりたい事、なりたい姿もだんだん見えてきました。今、当時の私のように、やりたい事が見つからない学生の方も多いかもしれません。でも、焦らないでいいと思います。大事なのは、見つけようという意志と、見つからないなりに目の前のことに全力で取り組む姿勢、そして行動です。そうすればきっと、あなたの本当にやりたい事が見えてくるはずです。ぜひ、ナカチカでそれを見つけてもらえたら嬉しいです。

INTERVIEW